Home arrow 三陸復興国立公園の歴史
 
     
三陸復興国立公園の歴史 | プリント |  メール
【三陸海岸】
古来、「陸奥国(むつのくに)」、または「奥州」と呼ばれた、南は福島から北は青森までという 現在の東北地方の半分以上を占める広大な地域は、 読んで字の如く本州の北の奥に位置します。 古くは奥州藤原氏、戦国期には独眼流政宗を出し、松尾芭蕉は「奥の細道」を記しました。 ある者には歴史のロマンを感じさせ、またある者には辺境の地をイメージさせます。
明治維新のとき、この奥州の地は五カ国に分割されますが、そのうちの陸奥(青森~岩手北部)・ 陸中(岩手県の大部分と秋田の一部)・陸前(岩手南部~宮城)の三国を称して三陸と呼びました。
有名な三陸海岸とは、南は宮城県牡鹿半島から、岩手県を通り、青森県八戸市の鮫崎に至る太平洋に面した海岸線のことで、 水産資源に恵まれ、またリアス式海岸や海岸段丘が発達し、多くの景勝地を持ちます。

【陸中海岸国立公園】
戦前より、この美しい海岸線の国立公園指定を目指した運動が、陸中海岸の宮古市を中心に起こりましたが、 戦争により中断してしまいます。 戦中戦後を経て昭和30年5月2日、ようやく運動の成果が実り、「陸中海岸国立公園」と命名されました。
現在、指定地域は岩手県久慈市~宮城県気仙沼市へと拡大され、陸奥、陸中、陸前の三陸に及んでいますが、 公園名称は、当初運動を始めた地域である「陸中」をあてています。

【三陸復興国立公園】
さらに東日本大震災からの復興の為、陸中海岸国立公園など傑出した自然風景を活用する目的で、2013年5月24日に公園の名称が『三陸復興国立公園』に改名され、指定地域も青森県八戸市燕島~宮城県石巻市・女川町牡鹿半島と拡大されました。

(以下環境省ウェブサイトより引用)
陸中海岸国立公園など傑出した自然風景をもつ地域を中核に、「三陸復興国立公園」を創設し、復興の観点から、これまで以上に地域と連携して適切な自然の利用を推進し、地域振興に貢献します。

国立公園の名称は、復興に貢献し、国外も含め多くの方の支援を受けるため「三陸復興国立公園」とし、復興状況を見て、将来的にふさわしい名称を検討します。
 
 
浄土ヶ浜ライブカメラ
BBS・Blog
Facebookページ
釣りブログ
掲示板
ブログ最新記事
ランダムイメージ
food10.jpg
   
   
 
Copyright (C) Jodogahama Marinehouse , All Rights Reserved.